0
¥0

現在カート内に商品はございません。

死後事務委任契約の実務(第2版) 士業のための「おひとりさま終活業務」の手引き

¥2,726 税込・送料込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
本書籍は代金引換(到着時払い)の商品です。

2020年10月1日刊行
ISBN:9784419067519

●おひとりさまの最期を法務面からサポートするための業務手引書
●依頼者の「健康状態チェックリスト」や「マネープランニングの提案」等を収録し、一層充実した好評書の第2版

 遺言作成や相続手続などを主な業務としている専門家(士業)で、死後事務の執行についても業務に組み込んでいきたい方、また既に業務のなかでクライアントから死後事務まで委任したいと要望を受けている方に是非一読いただきたい1冊。
 第2版では、直近の法改正に対応したほか、依頼者の資産状況の悪化により契約が維持できなくなるリスクを避けるための「マネープランニングの提案」や、健康状態を把握するためのチェックリスト等も収録。実務の流れをよりリアルにイメージできるよう全面的に見直して一層充実した最新版。

【主要目次】
第1章 死後事務委任契約に取り組むこととは
 単身者を取り巻く社会情勢と市場ニーズ
第2章 死後事務委任契約の概要
 成年後見制度における死後事務
 死後事務委任契約に関する判例の考察
 死後事務委任契約と相続法理との関係 他
第3章 サービスを必要とする人の属性
 世帯構成
 親族構成・関係性
 実際の相談事例
第4章 遺言・各種契約の組み合わせ提案
 見守り・身元引受契約
 任意後見契約
 尊厳死宣言 他
第5章 受任するうえでのリスクの把握と対応策
 依頼者の死そのものに触れる精神的負担
 遺留分侵害額請求のリスク
 受任者が先に死亡するリスク 他
第6章 関連事業者との連携の構築
 司法書士・行政書士等の士業者
 葬儀社
 石材店等の墓地紹介事業者 他
第7章 依頼者からのヒアリング事項
 相談の経緯・親族構成・親族との人間関係
 所有財産・負債の構成と価格・処分方法の希望
 職業・勤務先・収入 他
第8章 遺言・契約書の重要条文
 死後事務委任契約を前提とした遺言の重要条文
 委任契約の重要条文
第9章 実務の流れ
 契約成立後の対応
 死亡当日の動き
 葬儀の施行 他

カテゴリ一覧

ページトップへ